ボーダーコリー&ノーフォークテリア専門犬舎"EL VIENTO" 仔犬販売☆健康で元気な子犬をご提供!

ボーダーコリー

ボーダーコリーについて

| HOME | ボーダーコリーについて |

ボーダーコリーの歴史

シープドッグ写真 ボーダーコリーの歴史は、他の牧羊犬と同じくイギリスの牧羊業の開始から始まります。
かつて牧羊業が、イギリスの国家的事業として行われていた頃は、多くの牧羊犬がいました。それが産業革命以降、牧羊業がオーストラリアに移され、本国の牧羊業は激減していきます。それにともない多くの牧羊犬が消滅していきました。その中で能力の高い牧羊犬だけが生き残りました。もちろんボーダーコリーはその代表格だったのです。
また、1859年にイギリスで最初の近代的なドックショーが行われ、その後各地でドックショーが行われるようになり、コリー犬種も参加することになりますが、ボーダーコリーは例外でした。それはボーダーコリーの持つ"囲い込み"の能力が低下するのをおそれたためだと言われています。ボーダーコリーが羊を誘導する際、牧羊夫の合図でボーダーコリーは大きく弧を描いて羊の後ろに回り込みます、そして吠えることもなく目で威嚇をしながら羊を興奮させることなく誘導します。また、広大な牧場では牧羊夫の見えない所まで羊を誘導しに行ったり、時には、群れから離れた羊を探しに行ったりしていたはずです。これは全てボーダーコリー自身が判断して行っていたはずです。つまり、ハーディングの能力は訓練ではなく、生まれつき持つ才能により決まります。そして、能力の高い犬から、能力の高い犬が生まれます。また、そうなるように、能力の高いもの同士の交配や、能力の高いものの近親交配・系統交配がされてきたはずです。

seepdogphoto.jpg牧羊夫の地位が低かった社会では、牧羊犬はよい環境に置かれてはいませんでした。でも、よい牧羊犬は牧羊夫にとっては生活をかけた最も信頼できるパートナーでした。また、充分なケアを受けていないにもかかわらず、飼い主に絶対の信頼を得ていたのは、ボーダーコリーが飼い主に対する大きな忠誠心と、強い作業意欲を持つ犬種だからです。

写真提供:BOGEY PAPAさん

2匹のボーダーとの出会い〜ジェシーとフランキー

yokohama.jpg2007年12月23日 Dog Show In パシフィコ横浜にてLynnさんと来春、Frankieと交配予定のAustralian Champion Tullacrest Legacy Ov LuvとJessei (上)ボーダーコリーの持つキャリアの頻度数の高い遺伝性疾患へのオーストラリアのブリーダーたちの取り組みは、私にとっては大きな驚きでした。家庭犬として優れ・かわいい・健全なボーダーコリーのブリーディングを目指す私にとっては、オーストラリアのトップブーダーに学びたい、という気持ちが強くありました。それに応えてくれたのがLynn Harrison女史(Tullacrest Border Colliesのオーナー)でした。TullacrestはSouth AustraliaにあるKennelで35年以上オーストラリアのトップ犬舎として数多くの名犬を作っています。また、彼女を尊敬するブリーダーは世界に多くいます。その彼女が"EL VIENTO"のために送ってくれたのがFrankieとJessieです。

Tullacrest Border Collies WebsiteLinkIcon

フランキーの紹介

Frankie (Australian Champion Tookurra Love My Way)

frankie3.jpg
*CL / CEA / TNS DNA test Clear
*両親犬、本犬とも股関節検査済み Clear
*Hips scored 1:4 / Elbow scored 0:0

Date of birth:2006.6.28
Sex:Female
Sire : Tookurra Soul Chance
Dam : Tookurra Lucky In Love

*Frankieを私に送ってくれることが決まったのはFrankieが1歳になる前で、すでに日本で言うBabyクラスとPuppyクラスの両方でBest In Showをとっており、チャンピオンタイトルへ向かおうとしている時でした。

flankey1.jpg

*写真はFrankieがオーストラリアにてタイトルを目指している時の一枚です。
(この時のショーでは100頭のエントリーの犬の中で1番でした。)
Frankieの姉に、Australian Champion Tookurra Last Chanceがいます。
この犬は、オーストラリアでは質、頭数とも最高のボーダーコリーの単独展、2007年度The Border Collie Club of Victoria Championship ShowでChallenge Bitch/R・BISを獲得しました。つまり、 2007年の雌犬の頂点に選ばれました。 そのTookurra Last Chanceの妹のFrankieも姉に負けない犬質とすばらしい血統を持ちます。Frankieは来春、Australian Champion Tullacrest Legacy Ov Luv (owner:Sky High Border Collies)と交配をする予定です。 可愛い顔をした、すばらしい犬質を持つAustralian Champion Tullacrest Legacy-Ov-Luvとの交配は、Lynn Harrisonも期待しています。

・FRANKIE'S PHOTOGRAPH

fr3.jpg fr2.jpg fr1.jpg Frankie4.jpg

ジェシーの紹介

Jessie (Tullacrest Glitz n Glama) *JKC ショーチャンピオン完成

ジェシー。JKCショーチャンピオン
*CL / CEA / TNS DNA test Clear
*両親犬 股関節検査済み Clear
Date of birth:2007.6.24
Sex:Female
Sire : Australian Champion Khayoz In The MidNiteHour
Dam : Tullacrest Centrefold

*Jessieの父のKhayoz In The Mid Nite Hourはショーチャンピオンタイトル以外に、アジリティー、ジャンピングのタイトルも持つstuddogです。母Tullacrest Centrefoldは世界7カ国チャンピオンのAustralian Grand Champion Borderfame Heart N Soulの娘です。Jessieの同胎Tullacrest Playboy Bunnyは現在、オーストラリアでLynnのハンドリングでショーチャレンジ中です。Jessieは2008年春、宮家ハンドラーと10回のショーに出ました。10ヶ月のJessieはGroup2ndを2回、Group3rdを4回獲得しました。
父親譲りの運動能力の高さを示すJessieはとても甘え上手で、愛らしい超元気印の女の子です。

・JESSIE'S PHOTOGRAPH

ボーダーコリー ドッグショー IMG_6293.jpg IMG_6272.jpg IMG_6283.jpg

マナモナールの紹介

Manamonor (Manamonor Of White Canvas 1.1.jp)

ボーダーコリー マナモナール
*CL DNA test Clear / CEA DNA test Normal / Clear TNS DNA test Clear
*股関節は鹿児島大学で検査を行い、きわめて正常と診断されました。
Date of birth:2006.6.3
Sex:Female
Sire : Fripon Of Meinburg JP
Dam : Aquila Of White Canvas 1.1 jp

*EL VIENTOの前身であるWhite Canvasで私がブリーディングを始めた時、いつかは私がブリードした犬でショーチャレンジをしてみたいと思っていました。(タイトルではなくよその犬と比べてどのくらいのレベルなのかを確認したくて)Manamonorの成長に伴い、この子ならと私や家族は何か強く感じるものがありました。とてもきれいな顔をしたManamonorは家族が大好きで、他の犬ともよく遊び、とても明るく優しい女の子です。また、ManamonorはFrankie,JessieとともにEL VIENTOを私の夢に近づけてくれる子だと信じています。

・MANAMONOR'S PHOTOGRAPH

ボーダー・コリー ボーダー・コリー ボーダー・コリー

ボブの紹介

Bob (NZ.CH. Kerrybrent Dressed T Impress)*ニュージーランドチャンピオン

ボーダーコリー ボブ
*CL / CEA / TNS DNA test Clear
*Hips scored 0:6 / Elbow scored 0:0
Date of birth:2005.7.19
Sex:male
Sire : Cairnbrae Moonlighting
Dam : Kerrybrent Lisa Marie

*Bobは2008年4月にエルビエントに来ました。
Bobは1歳でNZ Championのタイトルを取り、その後2007年12月までニュージーランドでショーに出ていました。 そして、2006年・2007年・2008年にKerrybrentでBobの子供が生れています。 私がstuddogに求めたものは、CL/CEA/TNSのDNA検査がクリアであること、Hips scoreが測られていること、交配の実績があることでした 。 Bobの娘(Kerrybrent Kiwi Voyager)は日本にもいますが、3回のブリーディングにより生れた子犬は全てブラック&ホワイトで、骨量のある子犬たちです。ボーダーコリーのブリーディングにおいて最も重要なこととのひとつに毛色の問題があります。Clan-AbbyやKerrbrentなど、ニュージーランドの犬舎からは希釈された毛色を持つ犬が多く出ます。そこで、Kerrybrentはニュージーランドの犬にオーストラリアの犬を交配させることにより犬を作ってきました。 私がstuddogに求めるものを全てクリアしている犬は、オーストラリアやニュージーランドには数えるほどしかいません。ですからstuddog探しも大変です。Bobは本当に甘えん坊で遊び上手で、陽気な性格をしています。そして、Bobはハーディングトライアルにも出ていました。El VIENTOの若きstuddog "Bob" に期待しています。

・BOB'S PHOTOGRAPH

ボーダーコリー ボーダーコリー BORDER COLLIE

シーラの紹介

Cilla (NZ.CH. Kerrybrent NZ Road To Fame)*ニュージーランドチャンピオン

ボーダーコリー,ニュージーランドチャンピオン
*CL / CEA / TNS DNA test Clear
*Hips scored 2:3 / Elbow scored 0:0
Date of birth:2006.4.18
Sex:Female
Sire : NZ.CH. Maghera Won For The Road
Dam : NZ.CH. Kerrybrent Crystal Glory

*Cillaはニュージーランドでの最大のドッグショー『New Zealand National』でブリード(ボーダーコリー)はもとより、グループでBest Puppyを獲得し、12ヶ月でNZchampionタイトルを取っています。 KerrybrentはClan-Abbyと違いSouth Islandにあります。South Islandにある犬舎が、New Zealand Nationalで勝つことはとても難しいことで、また、ボーダーコリーが他犬種に勝つこともとても難しいことです。 私はこのときからCillaに興味を持っていました。
Cillaは 父方からAust.Grand Ch. Glentress King O The Road 母方からAust.Grand Ch.Bordalace Made To Measure というオーストラリアを代表するショードッグの血を引きます。そして、CillaはKerrybrentの犬舎号を持ちますが、Kerrybrentからはこの犬舎の看板犬Kerrybrent Crystal Faithの血を引くだけです。
つまり、Cillaは 【Glentress】【Maghera】【Bordalace】【Tullacrest】【Khayoz】
というオーストラリアのトップ犬舎の犬により作られています。 ですからCillaは、ニュージーランドの犬でありながら、しっかりとしたきれいなヘッドや骨量のすばらしさを持ちます。

・CILLAS PHOTOGRAPH

ボーダーコリー,ニュージーランドチャンピオン ボーダーコリー,ニュージーランドチャンピオン

ボーダーコリーの特徴

120.jpg IMG_1953.jpg

IMG2178.jpg彼らの知能の高さとハーディングドッグとしての能力の高さにより、今日ではスポーツドッグとしての運動能力の高さがこの犬種の代名詞になりつつありますが、彼らの本能として持つこれらの能力の高さは、家族に忠実で家族の気持ちを理解しようとする能力、家族のそのときの状況を理解しようとする能力の高さでもあります。

ボーダーコリー ショーチャンピオン